2010/10/15

播種から3週間後の様子

9月23日の投稿でデンドロビュームの播種直後のフラスコの様子を紹介しました。

これがその時の画像です。
寒天培地に小さな種を振り撒いただけの状態でした。



播種直後の様子


 3週間たった様子をご覧ください。
 3週間前と同じフラスコを同じ角度から撮影しました。
ずいぶんと様子が変わっています。



播種後3週間たった様子

播種直後は無数の小さな種の塊がやっと見える程度でしたが、播種後 3週間過ぎる頃には全体が黄緑色になり、発芽しているのがわかります。
それぞれのサイズはまだとても小さいのですが、種子の数が多いので、種子が膨張して発芽した様子が良くわかります。
3倍くらいは大きくなっているでしょうか。






白っぽい種子の塊が綺麗な黄緑色に


まだ、葉や茎や根が判別できるサイズではありませんが、生長していることがよくわかります。
この後の変化も楽しみですね。

趣味栽培の方にとってはデンドロビュームに限らず洋ランの発芽の様子や種子からの生育の様子を見る機会は殆ど無いと思います。
このブログではそのような育種の現場もみなさまに色々とご紹介していきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿