2010/12/29

今年もお世話になりました

今年も残りわずかとなりました。

年内のギフト発送と苗の発送が本日すべて終わりました。
開花温室の販売の方も今日で営業を終了し、年明けは1月7日から再開する予定です。

一年間で一番大変な年末出荷を終え、スタッフ一同ほっとしているところですが、年明けの開花に備えて温室整理にも力が入ります。
さらに、育苗温室では既に来年の年末出荷に備えた苗の管理にも余念がありません。
来年用の苗は、すでに新芽が顔を出し、日々成長しています。
1年後には歳暮用の大鉢になり、見事に花を咲かせるであろう中苗です。


勢いのある新芽が顔を出しています

政津農場の現在の様子



今年はDendrobium.BlogやFacebookのファンページの開設、Twitterでの開花案内など、いろいろと新しいことをしてまいりました。

8月から開始したブログは、おかげさまで何とか今日まで続けることが出来ました。
皆様のお役に立つような情報が、お届けできていたか少々不安ではありますが、来年以降も続けていく予定です。

来年も皆様のご要望にお応えできるよう、様々な取り組みをしていく所存です。


2011年も山本デンドロビューム園をどうぞよろしくお願い申し上げます。


Dendrobium.Blogは、明日より1月3日までお休みさせていただきます。
再開は1月4日からの予定です。

2010/12/28

ピンクラビット‘グレース’

1月以降のギフト向けのデンドロビューム鉢物商品を紹介します。

Den.Pink Rabbit 'Grace' (Den.White Rabbit x Den.Wave King) 、1995年登録
ピンクラビット‘グレース’   (農林水産省 品種登録番号 13718





ピンクラビット‘グレース’ 4.5号




弁先に淡いピンクを彩るやわらかな感じの白色系の極大輪のデンドロビューム。
花弁周縁にカトレアのようなウエーブが入る巨大な花が、バルブの上部から基部近くまで、正面を向いて整然と密に咲く様子は、たいへん豪華で新鮮さを感じさせます。


ピンクラビット‘グレース’ 5.5号



ピンクラビット‘グレース’ 6.5号





ピンクラビット‘グレース’


趣味家向けの苗としても大変人気で、極大輪の花は育てがいがあります。
ピンクラビット‘グレース’の花の大きさにビックリしたというメールをいただくこともあります。
趣味の方はこちらをご覧ください。
http://item.rakuten.co.jp/dendro/404084/



ギフト向けの鉢物は、1月下旬より出荷予定、3月下旬頃まで販売予定です。
鉢サイズは4.5号から6.5号まで用意しています。

詳しい出荷時期、価格、数量等、お問い合わせはこちらまで
info@dendrobium.net

2010/12/27

ラン展向け商品の準備は大丈夫ですか?

年が明けると、全国各地でらん展やらんに関するイベントが開催されます。

出店予定の皆様、即売用にデンドロビュームはいかがですか?
山本デンドロビューム園では、各種優良品種の苗をらん展の即売や各種イベント向けに多数ご用意いたしております。





販売しやすいミニ鉢や小鉢デンドロビュームは小ロットから対応可能です。
市場で仕入れるのと同様にケース単位での納品が可能です。

また、らん展やイベント会場への直送も専用BOXにより可能ですので、お忙しい時期、また出店準備で忙しい中、温室内を商品に場所を取られることもなく、搬入の手間も省けます。

さらに、市場経由より新鮮な商品を有利に販売することも出来ます。



商品花見本、写真パネルもご用意いたしますので、ご安心下さい。






販売に際してはポットの状態での納品だけでなく投込みの陶器鉢をつけての納品など、販売店様のご都合にあわせてご用意いたします。






配達はヤマト宅配便を利用しています。
冬期発送のための断熱梱包もしっかりしておりますので、花痛みの心配もありません。








イベント開催時期に合わせての、開花時期の調整も可能ですので、お早めにお問い合わせいただければご要望にお応えすることが可能です。


最新の在庫状況、卸価格をメール、或いはFAXにてお知らせいたします。

2010/12/26

年内の開花もほぼ終りです

クリスマスを過ぎて、年末ギフトの発送もほぼ終りになり、市場向けの出荷も、今日でなんとか終えることが出来ました。

11月の下旬から始まったデンドロビュームの開花が一段落つきました。
秋に苦労して、山上げ栽培を行ったデンドロビュームの鉢がすべて開花したことになります。
※山上げ栽培についてはこちらを参照下さい→デンドロビュームの山上げ栽培
http://yamamotodendrobiums.blogspot.com/2010/08/blog-post_30.html

温室の中はすっかり空になり、注文による取り置きの商品がわずかに残るのみです。


ラッピングが施されたコメットキング‘アカツキ’

年内お渡し予定のイエローソング‘キャンディ’




空になった棚には、来年1月より開花予定のの商品があっという間に並べられ、1ヶ月前の開花温室とは様変わりしています。


10日後には再び色づき始めることでしょう


6.5号サイズの鉢物が整然と並ぶ

次のデンドロビュームの開花は1月の10日ころより始まり、4月の上旬まで継続して咲くことになります。
年が明けると、山本デンドロビューム園では実生の開花や交配のシーズンも始まり、さらに忙しさも増してきます。

2010/12/25

掲載誌の報告

掲載誌を二つ、ご紹介します。


花新聞ほっかいどう~緑を楽しむ情報紙~Vol.258号(12月23日発売号)
(発行:北海道新聞情報研究所)http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/hana_shinbun/
の新商品紹介コーナーで「マイスイート‘ウインク’」と「ピンクキッス‘コメットクイーン’」の2品種を紹介していただきました。

花新聞で紹介された「ピンクキッス‘コメットクイーン’」


ありがとうございました。



そして、

決定版 絶対咲かせる洋ランづくり 
著者:江尻光一  http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2807947&x=B

ご存知、江尻先生の著書です。デンドロビュームのページでは弊社の交配したデンドロビュームの画像を多数、提供させていただきました。

ありがとうございました。

2010/12/24

今が買いどき?優良品種5株セット

12月11日の投稿で苗の購入のタイミングについて書きました。

今日の発送の荷物の中に初心者向けの優良品種5品種5株の苗のセットが含まれていたため、梱包途中の株をじっくり見てみました。

冬に苗の購入をオススメする理由は以下のように説明しました。
  • 冬であれば、バルブの一部に花や花芽の付いた苗が届くかもしれません。苗として管理しているので本格的な花つきではありませんが、春までのわずかな月日を育てるだけで多少の花を楽しむことができるかもしれません。

この冬の購入のオススメの理由を裏付けるように優良品種5株セットには花芽が沢山ついていました。
低温処理しているわけではなく温室での通常の加温管理(夜間18度)でさえ、この花つきの良さは、目を見張るものがあります。まさに初心者向きと言えるでしょう。
デンドロビュームを咲かせる楽しみを実感していただければいいのですが。


普段の梱包風景です

ヒメザクラ‘スプリングソング’

スプリングドリーム‘クミコ’



ヒメザクラ‘フジッコ’


ヒメザクラ‘サノック’


イエローマジック‘フェスティバル’
イエローマジックだけは黄色系だけあって、他の品種に比べて花芽のつき様が少ないですが、ほとんどの株に花芽が確認出来ます。

気温が低いので梱包には断熱材を使用しています

苗の購入が初めてで自信のない方、迷っている方も
初心者向けの優良品種5品種5株の苗のセットでデンドロビューム栽培をはじめてみませんか?

花芽つきでお届けできるのは1月下旬くらいまでの期間です。
 尚、花芽の付いている株から優先して出荷しますので、これから後になるほど、そのような株が少なくなりますのでご注意下さい。


その後は新芽のことを考えて花を取ります。春からは新芽の良く伸びた苗に期待してください。




お問合せは info@dendrobium.net まで  

2010/12/23

播種から3ヶ月後の様子

デンドロビュームの播種から約3ヶ月経ちました。

11月19日の投稿では播種から8週間経ったフラスコの様子を紹介しました。

これがその時の画像です。
播種後、密集して発芽して窮屈な培地から、新しい培地へ移植された様子を紹介しました。

播種から8週間経ったフラスコの様子


上の画像撮影時からさらに一ヶ月たった様子をご覧ください。
播種後からは約3ヶ月経過しています。


播種後3ヶ月たった様子




元気な苗です


移植後にまばらに見えた苗は見違えるような生育を遂げています。
緑が濃く生き生きとしています。


地上部よりもしっかりした根がでています


根、茎、葉がはっきりと区別できるようになりました。

とはいえ、まだまだ3ヶ月目の小さな苗に過ぎません。
初花を見るのはずいぶん先の話です。






今後も生育の様子を継続して観察していきます。


趣味栽培の方にとってはデンドロビュームに限らず洋ランの発芽の様子や種子からの生育の様子を見る機会は殆ど無いと思います。
このブログではそのような育種の現場もみなさまに色々とご紹介していきたいと思います。

2010/12/22

ブライダルレッド‘セレブレーション’

鉢物商品として12月中旬以降より開花、おすすめのデンドロビュームです。



Den. Bridal Red 'Celebration' (Den.Pink Beauty x Den.Arabian Nighte)

ブライダルレッド‘セレブレーション’    2007年RHS登録

ブライダルレッド‘セレブレーション’



極厚弁、極大輪系の美しい濃紅紫系のデンドロビュームです。
花型も良く、バルブの影さえ見えないほど密に咲き、大きく展開した分厚い花弁はとても花保ちが良い事も特徴です。
リップの濃い黄色の奥に赤褐色の目が入り、大変華やかで豪華な印象です。

Den. Bridal Red 'Celebration'



Den. Bridal Red 'Celebration'



日本人に敬遠されるような黒や紫のくっきりとした目玉ではないため、国内需要も見込める品種と言えるでしょう。
下の鉢物写真をご覧ください。
この写真は8号仕立てですが、鉢の大きさに比べて、この花がいかに大きいかがおわかりいただけるでしょう。




ブライダルレッド‘セレブレーション’8.0号



年明け以降からも順次、開花してまいります。

詳しい出荷時期、価格、数量等、お問い合わせはこちらまで
info@dendrobium.net



趣味栽培の方でブライダルレッド‘セレブレーション’ に興味をお持ちの方はこちらをご覧ください。
http://item.rakuten.co.jp/dendro/10000696/   



2010/12/21

年内は29日まで営業します

岡山の開花温室にはまだデンドロビュームが咲いています。
年内は12月29日まで営業いたしておりますので、年内の発送はもちろんですが、23日くらいまでのご来園であればクリスマスギフトとしての発送が間に合うかも知れません。



お歳暮や新年の挨拶にぴったりの豪華な鉢があります

その場でラッピングも可能です

ご自宅用の小さな鉢から贈答用の立派な鉢まで、様々なデンドロビュームを見て選んでご購入いだけます。

迎春用にデンドロビュームを飾るのもいいですね。
お近くにお住まいの方はどうぞいらしてください。


来年用カレンダーの配布もしています。



株式会社 山本デンドロビューム園
http://www.dendrobium.net
〒700-0845
岡山県岡山市南区浜野1-12-30
TEL:086-262-0982
FAX:086-262-3556

開花期間:11月下旬から4月中旬
営業時間:9:00から17:00
(開花期間中は土日も営業、年末年始は12/30から1/6まで休園します)


大きな地図で見る

メール、FAX、お電話でのお問合せもお気軽にどうぞ
info@dendrobium.net

2010/12/20

楽天でも販売しています

12月10日の投稿で紹介させていただいた、カラフルな容器に入ったファンシーエンジェル‘リセ’を現在、楽天でも販売しています。

特選デンドロビューム 2.5号鉢 ファンシーエンジェル‘リセ’
http://item.rakuten.co.jp/dendro/10000596/


岡山にある山本デンドロビューム園の開花温室にお越しのお客様には大変好評でしたので、在庫が乏しい中、ほんの僅かですが販売することにしました。
よろしければ、クリスマスやちょっとした贈り物に是非、この可愛い‘リセ’を使ってみてください。

お客様により、容器の色の好みがあるようでしたので、各6色選べるように設定しています。
今後は他の品種での展開も考えています。


お好きな色でご用意します

レッド
ピンク

オレンジ

イエロー

ブラウン

パープル

以上、山本デンドロビューム園鉢物shopからのおしらせでした。

2010/12/19

ゴールデンブロッサム‘レモンハート’

Den.Golden Blossom 'Lemon Heart'
(Den.Golden Eagle x Den.Dream)  1971年作出
ゴールデンブロッサム‘レモンハート’





ゴールデンブロッサム‘レモンハート’


以下の品種説明はは1980年代に弊社発行の通販カタログから抜粋です。


「鮮やかな黄色の大輪花。
リップにはオレンジイエローを彩る。茎は丈夫で節間は短く、一節に3~4リンずつ着花するので、花が密に咲き美しい。黄色系の人気品種。」



ゴールデンブロッサム‘レモンハート’の花色は最終的に上の写真よりも、もう少しオレンジが強く出てきます。



ゴールデンブロッサム‘レモンハート’は30年以上前の品種になります。
弊社楽天ショップでは昔の品種も数多く販売させていただいていますが、当時高くて購入できなかったというベテランの趣味者の方のご購入も多いようです。
「当時欲しかった品種で、やっと巡り合えた。」というようなメールをいただくと、こちらも大変うれしい気持ちになります。








兄弟種に‘サンセット’、‘ビーナス’、‘コガネ’等があります。

ゴールデンブロッサム‘レモンハート’ に興味をお持ちの方はこちらをご覧ください。

http://item.rakuten.co.jp/dendro/1400923/

2010/12/18

スマートフォンからブログが見やすくなりました

「Dendrobium Blog」はGoogleのBloggerと言うブログサービスを利用しています。

BloggerはPC向けのブログサービスですが、スマートフォンなどでブログにアクセスした際に、見やすいようにレイアウトを整えてくれる「モバイルテンプレート」という機能のサービスが始まりましたので、早速導入してみました。
現在のところ、 iPhoneやAndroidなどのスマートフォン以外の携帯端末には対応していないようです。

スマートフォンから「Dendrobium Blog」にアクセスすると、「モバイル テンプレート」で自動的にでスマートフォンに最適化したレイアウトで表示されるようです。


スマートフォン向けのレイアウト



ブログ開設時にPC用のウェブページを携帯用に変換してくれるツールを導入していますが、「モバイルテンプレート」機能では画像のサムネイルなども表示されるため、見やすく、内容が把握しやすいページレイアウトになっています。よりPC用のウェブページに近いレイアウトのようです



スマートフォン向けのQRコード

上記の表現がすべて断定的でないのは弊社スタッフが誰一人としてiPhoneやAndroidなどのスマートフォンを所持していないためです。申し訳ございません。

スマートフォンでこのブログを読んでくださっている方、いかがでしょう。見やすくなっていますでしょうか?

2010/12/17

ホワイトムーン‘フェアリー’

年末から年明けにかけてのギフト向け商品を紹介します。




 
Den.White Moon  'Fairy' (Den.White Rabbit x Den.Cassiope)
ホワイトムーン‘フェアリー’




白地の花弁と弁先に薄くピンクを彩る上品な優良花です。
リップの中心部分は薄いクリーム色でとても清楚な印象です。
株立ちが良い上に、節間が短く群がるように着花するためとても美しい。




12月下旬より出荷予定
鉢サイズは4.5号から6.0号までご用意しています。

詳しい出荷時期、価格、数量等、お問い合わせはこちらまで
info@dendrobium.net
 

ナメクジによる花の食害

ナメクジは、デンドロビュームの一番柔らかくて美味しい部分を好んで食べるのですが、特に開花シーズンは蕾や花への被害に気をつけなくてはなりません。

ナメクジの被害
http://yamamotodendrobiums.blogspot.com/2010/11/blog-post.html

このように皆様に注意喚起しておきながら、大変お恥ずかしい限りですが、ナメクジによるデンドロビュームの食害を投稿します。
当温室の管理担当者には厳重注意です。

ナメクジの這った跡

ナメクジが這った痕には粘液状の皮膜が残っています。これだけはっきりと残っているのは、かなりの大物のはず。


大胆に食されています

まもなく開花というときに、ここまで食べられてしまうと、もう商品にはなりませんね。
手前の蕾の食害もひどいですが、奥の蕾は跡形もなく食べられています。


6センチを超える大きさのナメクジ


大きすぎて、鉢底に隠れることさえできない大きなナメクジを発見です。




プロの生産者としては大変恥ずかしい失敗でした。
皆様もお気をつけください。

2010/12/15

出荷最盛期を迎えています

昨日は12月のギフト発送の様子をブログに投稿しました。

でも忙しいのは、それだけではないのです。

全国の花き卸売市場への出荷作業も出荷最盛期を迎えています。
12月は洋ラン需要の一番多い時期です。

しかし、歳暮やクリスマスギフトのための出荷時期は限られており、非常に短い期間でこれらの鉢を出荷する必要があります。
時には深夜まで出荷作業が及ぶこともあります。


毎日200ケースほどの出荷が続きます


出荷しても翌日には次の出荷が控えています


特に年末に開花するデンドロビュームは、夏の間、岡山の県北や鳥取の標高の高い山にデンドロビュームをトラックで移動し、そこで山上げ栽培の手間隙をかけた大切な鉢です。
こちらのページを参照ください。↓
デンドロビュームの山上げ栽培



「大切に育てたデンドロビュームを少しでも早く皆様のもとへお届けしたい!」


その一念のみで、スタッフ全員がんばっています。