2011/07/27

バニラを育ててみる その2

前回はバニラの生育環境と生育サイクルを見てみました。


今回はバニラの実際の栽培について知ってみましょう。

一般的に販売されているのは下の写真のようなサイズのものが多いと思います。
可愛いカゴに入ったものもあるでしょう。


バニラは蔓状に伸びる茎と葉の付け根から伸びる気根で支柱や周囲の壁を伝って伸びていきます。見た目はまさに観葉植物そのものです。


春からの生育期は蔓と気根をどんどん伸ばして生長しますので、根が溢れて収まり切らないようなら春から夏にかけて大きな鉢に植え替えをしてやります。水苔と素焼き鉢で植えてやると水の管理もしやすいようです。

バニラは蔓や気根を周囲に絡めて伸びてゆくため、支柱が必ず必要になります。
活着のためにはヘゴ棒のほうが良いのですが、普通の支柱でも構いません。被覆したビニールパイプで支柱を立てる場合は絡みにくいので、ビニタイなどで縛ってやり、蔓を誘導してやります。密集して蒸れるのを防ぐために、螺旋状に巻いてなるべく上に伸びるようにします。


多湿を好むため乾いたら、水やりはたっぷりとやります。夏の乾きやすい時期は、鉢の中だけでなく、気根にも水が行き渡るよう、スプレーしてやるのもよいでしょう。

春から夏にかけての生育期には液体肥料を施してやると葉の色、艶も良く、観葉植物としての楽しみが増します。
1年中、高温多湿と明るい場所を好みますので、室内管理の場合は夏場の極端な直射光線以外は、なるべく風通しの良い窓辺で育ててやりたいですね。
 ただし冬は夜間冷え込んで来たら、窓辺から離してやる必要があります。窓辺の低温でたった一日でダメにしてしまうかも知れません。

一般家庭でのバニラ栽培で一番の心配はこの冬越しですが、冬の室内を10から15度程度保つことと乾燥し過ぎないよう注意すれば大丈夫でしょう。
ただし植物の生育は積算温度に比例しますので、最低温度ぎりぎりで育てるよりは少しでも温度が高いほうがより生育が進むことは覚えておきましょう。秋から冬、冬から春にかけての夜温の差がバニラの生長にも影響してくると思われます。
花を咲かせて、実までと考えている方はなるべく原産地の温度に近づける必要があります。
冬越しの最低気温は植物として耐えることが可能な最低の温度と考えておいたほうが良いでしょう。


以上が簡単な育て方です。
花が咲くまでは2、3年はかかると言われています。私たちが温室で育てた場合でも花を見るまでは7年近くかかりました。株の成熟度合いにもよると思われますので、気長に大きく育ててやるのが良いと思います。




増やし方を解説します。

このバニラ、どうやって増やすのでしょう。
せっかく購入したバニラも管理の失敗でダメにするとちょっと残念です。簡単に増やすことができるので、初めての栽培で上手く育てる自信のないときは同時に、苗も増やしておくと良いでしょう。


バニラは葉の付け根から気根を出して生長を続けます。この性質を利用して挿し木繁殖が可能なのです。国内で観葉植物として販売されているほとんどがこの方法で増殖販売されています。

まず、よく太った部分の茎を葉と気根を2から3箇所ほど含めて刻みます。


切り口が乾いたら、プランターや鉢に挿してやります。
挿し芽に使用する用土は園芸店で購入可能な安価な培養土で構いません。
ここではデンドロビュームの挿し芽にも使用するプロミックス(配合培養土)を使用しています。




家庭なら水苔で巻いて1鉢ずつ植えてやってもよいでしょう。



 気根が鉢の中に伸びて定着しやすいように支柱で茎を支えたり、根を鉢の中に誘導してやります。根が張ってくるまでは鉢の中というよりも気根も含めて水をかけてやるようにします。


以上です。





バニラの購入はこちらから
http://item.rakuten.co.jp/dendro/10000461/








6 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

 初めまして。
バニラを購入はしたものの、
冬になってから、先の方が枯れてきました。
たぶん多湿好きってことで水をやり過ぎていたんだと。

バニラの育て方はなかなか探してもないので、
こちらのサイトに巡り合えて良かったです。
ありがとうございました。

Yamamoto Dendrobiums さんのコメント...

ありがとうございます。
栽培の参考になれば幸いです。

匿名 さんのコメント...

こんにちは。私はバニラが好きで、でも我が家は冬の室温が氷点下になるほど冷え込む日があり、1,2月が乗り切れません。毎年新しく買うのですが、もう3度か4度目の挑戦で、今年もこの後が恐くてひやひやしています。冬越しの良い方法はありませんか? 

Yamamoto Dendrobiums さんのコメント...

返信が遅くなってしまい申し訳ございません。
鉢がそれほど大きくないのでしたら、冷え込みが心配な時期だけでも、リビング、寝室など、人のいる暖かい場所、温度が保てる場所に移動してあげてはどうでしょうか?
または、ホームセンターなどで入手できる小さな簡易温室を室内で使用して、極端に寒さが心配される夜は使い捨てカイロを中に仕込むのも良いと思います(火事にご注意下さい)。
当然ですが日中は明るい方が植物にとっても良いです。

みいまる さんのコメント...

  8月に斑入りの小さなバニラを購入し、大切に育てています。こちらのサイトはとても助かっております。冬越しの件で教えていただきたいのです。購入してすぐに3.5号のテラコッタ鉢にミズゴケで植え替えをしました。寒くなるまでは順調だったのですが、最低気温が15度を切るようになったころから葉の一部が茶色く変色してきてしまいました。葉焼けなのか寒さによるものかは分かりません。

環境は南側リビングの日当たりで日中は窓際のお日様に当ててます。←真冬で日差しも弱いので遮光はしていません。プラスチック水槽に少し水を入れ上げ底にし、根を冷やさない様に置いています。透明の蓋をして湿気を保ち、日中は気温に合わせて蓋をずらしています。他にも同様の環境でミニセントポーリアを育てています。←今花盛りです。

このまま様子を見ていて良いのでしょうか?真冬の水やりはどうしたらよいでしょう。一応ミズゴケが乾いてきたら温めにして灌水します。他の観葉植物同様、生育期よりはミズゴケは若干乾燥気味かもしれません。葉や茎には張りはあります。最低気温はおそらく15度前後だと思われます←皆が起きてくる前にエアコンの朝タイマーで暖房入れています。

お忙しいところスミマセン、もしよろしかったらアドバイスいただけるとありがたいです。南関東在住です。

Yamamoto Dendrobiums さんのコメント...

投稿有難うございます。
茶色く変色した部分が植物全体のどの部位か、あるいはどの程度変色しているのかによって考えられる要因が異なると思います。
お話を伺っただけでは、その原因が低温による直接的なものなのか、低温で根が傷んだこと(水やりの加減)が原因なのか、エアコンによる空気の乾燥が原因なのか判断がつきません。根は健全でしょうか。傷んでいますか?
保温しているとはいえ春から夏の生育期とは違い植物の活動も鈍る時期です。多少の葉の黄変や落葉はあってもかしくはありません。
写真など拝見できましたらもう少しお役に立てるかもしれません。宜しければinfo@dendrobium.netへお願いします。
ちなみに弊園の温室に地植えしている大株ですが真冬は10℃近くまで温室の温度が下がることがありますが葉には全く影響を受けません。真夏は40℃近くまでなりますが多少葉が黄色くなることもありますが、ひどい葉焼けの症状は見当たりません。非常に丈夫な植物です。

コメントを投稿